CitrusGardenロゴ

SONY MDR-900STというヘッドフォン

10年くらい前に新品購入して金属部分などは腐食したり
傷が多いですが現役で使ってます。
定番と言われるだけの実力はあると思います。
ヘッドフォンを一つに絞るならMDR。というくらいに考えています。

なぜこんなに激推しするか、大きな理由は3つです。

 

理由① 作曲からレコ、ミキシングまでほとんどの工程で活躍してくれる

わたしは半開放、開放型も持っていて一時期はそちらを好んで使っていたのですが
結局スピーカーとの役割を分ける意味では開放型を使う理由はなく、
一般的なホームスタジオ(ちょっとカッコよく言った)環境では
MDRだけもっていればすべてが賄えるといえるので。

極端なこと言えば作曲からレコ含めマスタリングまで
ひとつでいけるレベルのものなので同じ密閉型でも
鳴らせる周波数の広いMDRを選択するとなにかと便利なことが多い。
半開放、開放型はレコには使えないので。
マイク録音はもちろん、ラインで録音してても意外とクリックを拾ってたりするので。
(アクティブベースとかよくヘッドフォンから漏れた音を拾ってる>弦振動経由で)

 

理由②密閉型なので夜間でも安心&脚色のない音質、音量

理由①の細かい説明になりますが、夜間の時間帯などでの打ち込み作曲時に
音漏れがないので部分的に音量上げて聴きたい時にも気を遣わない。
+漏れる音がない=音量が大きい
ということでインターフェースなどの音量を爆上げすることなく
しっかりした音質、音量で聴けるので細かなところですが便利だったりします。
☆レコ時のクリックが聴きやすい。

 

理由③コスパがよすぎる

これだけ活躍できる素養があり、一生モノというレベルの
ヘッドフォンであり、スタジオでの大定番モデルという素性を持っているにもかかわらず
ながらそれほど値段が高くない。(某音屋さんで16,000円くらいで買える…!)
そしてSONY製品らしからぬ頑丈さ。
スタジオで使われていることからケーブルも太く断線しづらくなっていたり
その他の故障もあまり聞かないのでノーメンテでガンガン使っていける
めんどくさがりにはもってこいの製品なのです。

以上がMDRをおすすめする理由です。
わたし、友人知人とわず初期不良、なんとかタイマーよろしく、
故障の多さからソニー製品をまったく信用してないんですけど
こと、MDRに限り絶大な信頼を置いてます。

すでにお気に入りのヘッドフォンを持っている人はどうでもいいです。
しかし、これからDTMを始める人、初めてモニターヘッドフォンを買おうという人には
MDRしかおすすめしません。
私がそればっかり使ってるので他の多くのヘッドフォンを知らないだけですけど
3、4社程度の開放、密閉を試した自分に関しては結局DTMを始めたころに購入した
MDRに戻ってしまっている現状がありますので。
一般ピーポーのわたしのいうことなんてなんら信用に足るものではないですが、
実際評価されているからこそ定番モデルと成りえるのであり。
結局買うことになるなら一番最初に買った方がいいよ、ということです。

 

突然なにかに駆り立てられるかの如くSONY MDR-900STの製品宣伝記事を
書き出してしまいましたがちょうどヘッドフォン購入を考えている人の目についてしまったならば
是非とも洗脳されていただければと思います。

でもほんとにいいヘッドフォンなのでお店などでチェックしてみてね、
あくまでモニターヘッドフォンですのでリスニングで使うことは
絶対におすすめできませんよ()

ほな、さいなら

やりたいと思ったことはすぐにでもやるべきと

ずっととりたいと思ってた&やってみたいと思ってた仕事に役立つ資格があり、この自粛期間中に勉強を始めました。
勉強を始める前にWEBのテストがあったんでやってみたところ、現時点で9割正解という結果だったので改めて学ぶ必要もないかも。とも思ったんですが高い点数を取ることや資格取得そのものに価値があると思ってるわけじゃないので本試験までは勉強はしようと思います。

本試験は在宅で出来るんですが年に4回とかそのくらいだったと思うのですが、次の試験まで間があるのとWEBテストの結果が思いのほかよかったので次の試験予定日でそのまま受ける予定です。

今は(業種的には)広告代理店でデザイナーとかちょっとしたエンジニア業務をしているのですが元々目指していたわけではないので、資格取得をきっかけに、この先の人生では資格を活かした仕事にシフトしていったり、関連の資格や免許を増やしていければなぁと思っとります。

チャオ

追記
作曲諸々は毎度の事ながらいろいろと悩みすぎて全然できてません。ハハ

周囲に振り回され続けると辛いということ

自分への自信がなく、常に負のオーラが付きまとう人の特徴として
とにかく外部への意識が強すぎるというものがあります。
なにかにつけて他人と自分を比べてしまう、周囲からのプラスマイナス両面の反応に対して過敏…などなど。
 
これらの要因から、新しい事への挑戦で有ったり発信であったり。。
動きを封じられたりするので自信の消失にさらに繋がっていきます。
こと、音楽については音を楽しむことが一番重要だと思っており、職業作曲家でもなければ誰の為でもなく自分のためにやるのですからあまり周りと比較しても仕方ないです。
ましてや外野の声など意味を成しませんから、賞賛されれば「ありがとう」の一言でいいですし批判されれば単に価値観が合わなかっただけ、と思って何も変わらずまた制作に戻るだけです。
 
このような問題は会社や学校などコミュニティのある場所では少なからず発生するものですがうまい付き合い方を早期に見つけて実行していかないと以降の人生に大きな影を落とすことになります。
 
みんな違ってみんないい。は当然なのです。
家族であれ、恋人であれ。みんな他人なのですから。
周囲が言うことが100%正しいことなんてないです。
他人の評価に振り回されずに自分で自分を評価してあげましょう。
☆反対に自分への評価が厳しい人間(わたしもそうです)は周りの言葉も少しは聞き入れたほうがよいですが笑

他人への向き合い方についても一緒です。
何事においても同じ価値観で推し量るのはやめて自分なりのよさ、その人なりのよさを尊重してあげましょう。
 
 
追記:私に限った話をすれば。もう少し自分にも他人にも優しくなれるといいんですがmm

 

AIエンジニア

某なんとかtopeよろしくAI搭載系ミキシング/マスタリングソフトをいくつか所持しているんですがどうも毎回納得いく音に仕上がらない。
ソフト自体はプロ自体も使ってる(実際のところ知らないけど)らしいので物は決して悪い物じゃないはずなんですが自分の好みの音とはまるっきり違う結果を吐き出してしまう。

ぶっちゃけこういうの(ミキシング/マスタリング)は音作りにも近いのでそういう人も少なくないのかなぁ、と感じました。
リファレンスでそういう楽曲をソフトにぶち込んだらいいのかな?
満足いかないのには人間以外が介在してしまう所に私が懐疑的な印象を持っているのも多少関わってそうな気もしないでもないですが、、
どうも馴染まないAI技術でした。

さいなら。

追記
RX(オーディオのゴミ取りソフト)はすごくいいです。
褒めるところはもはや名指しで。

エレキヴァイオリンの音作り(しばいぬカレー編)

弾かない人からするとヴァイオリンって音作る必要あんの?って
思われるかもしれませんがエレキは音作りするんですよの話。

ただ、自分の場合はエレキヴァイオリンでもアコースティックの
響きに近づけたいのでエレキ独特の音作りを目指している人とは
異なる音作りですね~。

ということでベースとなる音はシミュレーターというか、IRを使って作ってます。
宅録の場合はDAW上でIRローダーを使用してヴァイオリンIRを読み込ませてからEQやコンプレッサーでコネコネ…という具合。
パブリックドメイン(フリー)のIRもありますが自分は別のIRを使ってます。

ここのやつです。
https://shoptly.com/violinimpulserespons

他にはSigmaaudioのやつとか。
ちょっと高音が痛いな~という感じもするけどEQなどで
いじれば距離感とかはいい感じです。
https://www.3sigmaaudio.com/items/category/strings/

ベースの音を作ったらお好みでうっすらとディレイとリヴァーブを
かけたらいい具合に残響がついてくれるのでよりGood!って感じ。

現状宅録くらいでしか音出ししないのでプラグインでIRを読んでますけど
ライブではPA卓に送る形になるでしょうし
Mooer Radarあたりがお手頃なところで気になりますね~。
正直PAスピーカーから流すのでIRを入れる必要もないかなぁ。
という気もしますのでその辺は模索する方向で。

音源も貼らず文字面だけだと伝わりづらいんですが
現状ブログに音源を貼る昨日までは実装しとらんので後日ッイッタにでも。

そんじゃ、また。

4月6日(月)

5日の東京での感染者数がとうとう3ケタ台出てしまいましたね…
(私の実家の周りでも感染者が出始めているとの話も目にしました…)
今後も不要不急の外出自粛を守り、各々が出来る対策をしっかりして
“政府”頼みのスタンスでなく各人が頭を働かせてこの事態を乗り切っていくべきでしょう。。。

…が、しかし
もはや国からの支援なくしては生活が立ち行かない人も出ています。

政府に批判的な声をあげる人たちに対し日本の被害は欧米諸国に比べ全然マシなので批判ばかりでなく感謝を、という意見をよく見るようになりました。

感染者数という部分だけで見た場合の被害は文化的な部分で接触が少ない事や普段からマスクの着用が比較的習慣化している、かつ他所からの流入が地続きの国に比べ少ないといった背景からその数を抑えてるだけで現に都市部では毎日感染者数は増え続けているし、日毎の感染者数が3桁を越えた今、その数は決して少なくないと言えます。
*他の要因としては検査体制が万全とも言えないので潜在的な感染者数はもっと多いのでは、という見方まであります*

声を上げずにいればどうなるか、というのは過去からもわかりきっているのにまだ見受けられる。国民の声を批判としか見れないのもいかがなものか。
-情勢も文化も違うのに欧州に習えというのはまた別問題よ。
ケースは違えど年金システムや保険制度はそれでトチってますしね。

いまのところ政府の対応で賞賛されそうなことと言えば自粛要請(お願い)くらいですか。マスク配給が悪くないとか、あまつさえ良い考えじゃん!とか言っちゃってる人は現実を見ていないとしか思えないです。(しかもこの事態においては外出自粛のお願いなんてしかるべくして出されるようなものであり、賞賛するような事でもないですし)

医療現場に布マスクが使えない情勢は周知の事実ですし、使い捨てマスクをそういった現場に回す目的があると分かった上で見ても、ぶっちゃけてしまえば非常にアホくさい。そこにコストをかけるなら都市封鎖により必要以外の事業を停止し、感染症の影響で失業した自営業の方含め、生活保障に回すべきでしょう。

日本人は感謝されるべきことにはしっかり感謝できると思います。
批判ばかり出るのは何一つ情勢が変わってはいないどころか日に日に悪くなるばかりだからです。
感染者を減らすことが大事なのはわかりますが、感染症ではなく国によって殺されるかもしれない人達がいるかもしれないことを頭においておきたい。

餅ベーションアップの秘訣?

先日、知り合いの方のバンド演奏をyoutubeの配信で見てたんですが
すげぇ~~という感想しか出ないほどでした。。
─ 一番よかったのはメンバー全員がすごく楽しそうに演奏されていたことですね

実は今後一緒に演奏することがあるので、自分の技術も踏まえ、そのことを考えると
めっちゃ焦ります…が、すばらしい演奏を聴くとそれが自分の演奏する楽器と違くても
練習のモチベーションアップにつながりますし、トータルでの大きな成長を促してくれることには
なると思うのでこれはいい機会なんだと思います。

機材や知識はある程度お金さえあればどうとでもなるけど
経験は買えない。(欲しいものは大抵後者ばかりなのでつらい)

いや~~~~、作曲はもちろん必要だけど
演奏練習も並行してやらないとだ…
気合いをいれてサヨウナラ!

コロナの影響、精神にも響く

現金支給について、政府は様々な要因から審議を重ねていた(?)ようですが
このままいくと5月ごろに形態は不明瞭ではありますが給付がありそう、という情報が出てますね。
(麻生さんの商品券給付案は経済対策面では貯蓄には回る恐れは低くなりますし正解でしょうけど
生活補助の面でいえば物を買うことがすべてではないですし現金給付の方がいいかなぁと思いました。)

この5月の支給について某所でもいろいろと意見が飛び交ってますが
5月では遅いという声がなかなか多くみられました。
近々での現金での支給をかたくなに切望する人は彼らがいうように
「給付をされても貯金はしない!」んでしょうが、1万数千の給付を急務とする
内情ってどうなんでしょうか…
コロナに関する政府対応は後手後手で悲惨な状況ですし
どうも流してしまいそうなんですがどうも他に問題があるような。。。

まず、貯金0問題ですね。。
貯金がないので仕事がなくなった今、
日々の生活すらままならないといった類のやつ。

これに対しての「フリーランスや自営業をしているのに貯金をしてないのか?」
という意見が多く見受けられ、まさにその通り、となりがちなんですが
実情、貯金ゼロはザラで、むしろマイナス方向の人の個人事業主が大多数だと思います。
それについては政府がフリーランスを推奨する割に締め上げるような
法令を出し続けている、というのも一因ですし、
一概に彼らの管理能力が低いと決めつけてしまうのも酷です。

そもそもの話、貯金が出来なかった背景になにがあったかなんて
当人に近しい関係の人しか知る由がないんだから「貯金してない奴が悪い」
と一蹴していいことではないですよね。
=====================================
もし事業面での事情以外で貯蓄ゼロorマイナスがあるのであれば
それはアホと言われてしかるべきなのでまず支出を減らすことに専念して
それから毎日100円貯金とかして小額からでも貯金をする癖付けをしましょうね~
=====================================
コロナ騒動からはや3ヵ月、3か月無給として生活できるくらいの
貯蓄をしている人たちがいよいよその貯蓄が尽きはじめている、
というのは自然な流れですよね。。
最低そのくらい貯蓄出来てるフリーランスは
バッシングをうけるどころか頑張っていると思います。

ただ、どうもよ~く見てるとそういう苦労をしている人ほど
支給のタイミングについてはそこまで声を上げてはおらず
(むしろ給付に対してもそこまで期待しているようにも見えない)
どうにか自分たちで乗り越えようという動きがあるので
急を要しているのはどちらかというと現金給付にここぞとばかりに
のっかってるだけの人に見えましたね。
(フリーランスや個人事業主ですらない人も散見されましたし)

国民全体で協力して感染を拡げまいとじっと耐えている人がいる中
呑気に旅行や屋内外のイベントを楽しむ人がいたり、
今回のような火事場泥棒精神で乞食よろしく声を荒げているのを
見てると悲しくなりますね。

わたしはこんな状況下、変わらずお給金いただきながら
働かせていただいてるサラリーマンな立場なので
こんなことが言えるのかもしれないですけど
もうちょっとしっかりしなさい現代人。
と言いたい今日この頃でした。

コロナの被害に苦しむ人、この事態に必死に耐える人達が
一日も早く救われますように、この事態がはやく収束しますように。
人見知りな民族ですので目に見える一致団結は難しいでしょうが
各々ができることをし、乗り越えていきましょう~

では、また。