ゲ*ケア

日本人というのはどうしてこうも”非”対面のコミュニケーションツールにおいて個人の思想を周囲にぶちまけがちなのか…内容の良し悪しに関わらずただのエゴにしか感じない。twitterやFacebookはゲロ吐き場ではないぞ。すっきりしたくば日記でも買って人知れずひっそりと書いてな。

…かくいうわたしもこうして私感をつらつらと書いてしまっている。
こんなところでしか声を上げることができないから、ということもないと思うが。
悲しい。

芸術家にとっての作品とは

今回は珍しく人の悪口を言わない記事です。

芸術家にとっての作品とは、自分の生き写しのようなもので、自分とかけ離れすぎていればいるほど出来上がった作品にもどこか矛盾を感じてしまうものになるのかな、と考えさせられることが多くなりました。うれしい時にうれしい気持ちを、かなしい時にかなしい気持ちを。素直な思い(見たもの、感じたもの)をそのまま表現できれば、見た、聴いた人に届くのではないかな。

知識、技術がまるでなくても、これまでの人生で感性を豊かに育ててきた人の作品はそこに人のぬくもりを感じられる。大切な人との時間や経験であったり、何気ない日々の中で心動かされた瞬間、その時感じたすべての感覚。そういったものを少しずつでもいいので作品を通して表現できればと思います。

春M3おつかれさまでした。

大変遅くなりましたがサークル参加、一般参加でご来場の方々、お疲れさまでした。
弊サークルは様々な方のサポートを受けながらどうにか無事当日を迎え、
また、多くの方々に手に取っていただきイベントを終えることができました。
このような場ではありますが深く感謝申し上げます。

頒布作品については自分の趣味全開で作っているので1人でも
手に取っていただけることができれば参加した甲斐はあるかな、
と思ってましたのでいい意味で期待を裏切られました。

ブースのデザインについては花さん(@puppet_type)にお願いしたのですが、
表現したかった世界観にテイストを合わせていただいたのですごくよかったです。
しかも売り子さんとしても頑張っていただきました。感謝
(人見知り故のサポートサイドの身内固めは常套)
一瞬私がブースに鎮座してたのですが普段から顔色が悪いのと目つきがチベスナすぎて人が寄り付かない傾向があったのでおそらく番をすることはないでしょう。お手数ではありますが次回以降に御用の方はお呼び出し下さい。

今回はサークル初参加だったこともあり、気持ち的に
他サークルさんのブースに立ち寄る余裕がなかったので
次回参加時にはお世話になっている方への挨拶もかねて
見回りたいとは思っています。

今後ともしばいぬカレーともどもCitrusGardenを
よろしくお願いいたします。