インターネット芸人

何をいまさら、ということなんですが…
街中を見ても、移動中のバス・電車を見ても
皆さんせっせとスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどで
インターネットを楽しんでいますよね。

かくいう自分もその一人であったため、それはきわめて自然な光景なのですが、
ある日、ちょっとした用事で出かけたときにスマホを自宅に忘れてきて手持無沙汰、という具合に
なにもすることがなく電車内でいつも通りの光景を見ていてたのですが、
しばらく見ているうちにどうも異常な光景に感じました。
インターネットという鎖に繋がれ、自由を奪われているようにさえ見えました。

そのとき思ったのが「インターネット離れ」をしよう。ということです。
“完全に断つ”というよりは自分の”インターネット依存”の生活を矯正していこうという考えです。
とはいえ、業務に差支えが出るので就業中のインターネット利用は致し方ありません。
ですがそれを理由に個人的な利用をするつもりもありません。

いきなりがっつり利用時間を減らすのはストレスやリバウンドがありますし
最初に思い立って始めたのが、起床後2時間、就寝前2時間は
10分以上のインターネット利用をしない。ということ。
前述した内容を始めて3,4日ということと、限定的に制限しているに過ぎないので
大きな効果は感じないのですが、なれてきたら範囲を広げて
利用時間を減らしていければと思います。

具体的な目標としては一日の利用時間を睡眠時間を除いた
残りの時間においてインターネット利用の割合を1割以下にすることです。
一日7時間の睡眠をとるとして、残りが17時間。
17時間=1020分×0.1が102分なので
大体一時間半くらいです。

これが短いと感じるか、長いと感じるか。
現時点で数値をみるに、そんなん無理やん?って印象です。
この記事を見ている方はどうでしょうか?
公共機関の情報を調べたりだとか、お天気情報を調べたりだとか
娯楽以外での利用もありますからなかなか難しそうですよね。

ですが、元々インターネットのない環境で育ってきたわけですし
その頃は特別なにも困ってなかったと思います。
災害発生時など特別な場合以外では利用は必須と言える状況は少ないと感じます。

便利な反面、弊害も多く感じられるインターネット、
食事と一緒でバランスよく利用しなければ
害を成すことになります。

人の一生における時間は限られています。
心と身体の健康、心身ともに充実した日々を過ごすためには
常に考えること、行動することが重要となるでしょう。

追記:この記事を書くのに47分というわたしの時間を消費しましたが、それが有意義な時間の使い方であったのか、あるいはただの時間の浪費にしかすぎなかったかどうか、という部分では疑問です。今の時点では。

電子ドラッグ”??”

IT関連の仕事やってる人の言うことではないかもしれないけど…
インターネットが人の心を壊してしまう。ということは
往々にしてあることなのでなるべくなら使わずに置きたいっすね。

それに…長く浸りすぎると内向きになってしまうような気がするのです。
生活スタイルの話ではなく心持ちが、、ね。

追伸、仕事が落ち着いたら、今度こそスパイスから作る
オリジナルカレーを作ろうと思います。

それじゃ、また。