CitrusGardenロゴ

エレキヴァイオリンの音作り(しばいぬカレー編)

弾かない人からするとヴァイオリンって音作る必要あんの?って
思われるかもしれませんがエレキは音作りするんですよの話。

ただ、自分の場合はエレキヴァイオリンでもアコースティックの
響きに近づけたいのでエレキ独特の音作りを目指している人とは
異なる音作りですね~。

ということでベースとなる音はシミュレーターというか、IRを使って作ってます。
宅録の場合はDAW上でIRローダーを使用してヴァイオリンIRを読み込ませてからEQやコンプレッサーでコネコネ…という具合。
パブリックドメイン(フリー)のIRもありますが自分は別のIRを使ってます。

ここのやつです。
https://shoptly.com/violinimpulserespons

他にはSigmaaudioのやつとか。
ちょっと高音が痛いな~という感じもするけどEQなどで
いじれば距離感とかはいい感じです。
https://www.3sigmaaudio.com/items/category/strings/

ベースの音を作ったらお好みでうっすらとディレイとリヴァーブを
かけたらいい具合に残響がついてくれるのでよりGood!って感じ。

現状宅録くらいでしか音出ししないのでプラグインでIRを読んでますけど
ライブではPA卓に送る形になるでしょうし
Mooer Radarあたりがお手頃なところで気になりますね~。
正直PAスピーカーから流すのでIRを入れる必要もないかなぁ。
という気もしますのでその辺は模索する方向で。

音源も貼らず文字面だけだと伝わりづらいんですが
現状ブログに音源を貼る昨日までは実装しとらんので後日ッイッタにでも。

そんじゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA